2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年1月16日 (月)

北大ブルーグラス研究会ニューイヤーコンサー ト2017

Img_0063_2_1024x685
先週の土曜日(1/14)北大ブルーグラス研ニューイヤーコンサートに行ってきた。

北大のニューイヤーコンサートは基本的に1年生バンドに発表の場を作るためにやってるというところがあるらしい。もちろん上の年目のバンドもたくさん出るけど、やっぱりここは1年生に注目してみるべきなんだろうね。今年は全10バンド中4バンドが1年生バンド。この日が実質初ステージというバンドも多く、生暖かい目で見てほしいと司会の方からもお願いがあった。場数を踏んできた6年目の司会者たちはとても優しい。

ブルーグラス好きのおっさんとしては新しくブルーグラスを始めてくれた学生さんの初々しいステージをみるのはなんとも楽しいものだ。別に茶化した意味ではなく、もちろん期待でいっぱいということでである。ちょうど一ヶ月前に行われた酪農大の冬のコンサートでの1年生の演奏を思い出しながら、頭のどこかでちょっと比べたりしながら聴いていた。(コンサート観覧の)場数を踏んできたおっさんなりの楽しみ方である。

ざっくりいえばバンジョー弾きに今後が楽しみな子がいたなあ。去年くらいから北大のバンジョーのレベルが全体的に底上げされてきてるような気がする。バンジョーさえ安定してればブルーグラスはある程度形になるから(自論)、今年の1年目バンドも大崩れすることなく演奏してたように思う。それから、トリのバンドのギターのバンドウさんがちゃんとブルーグラスのギターの形で弾いていたのがとても印象に残った。

もちろん気になることはたくさんあるけど、一年生がそれぞれに頑張って初のステージをこなしたということで今は十分なのかもしれない。これからバンドの解散や新バンド結成などいろいろなことがあると思うけど、今後もなんとか頑張って続けて欲しいところ。とりあえずみんなもうちょっと大きな音でしっかり弾こうぜ。

コンサート全体を見れば「アスパラ」の皆さんが格の違いを見せた素晴らしい演奏をしてた。やりたいことが自分でコントロール出来るようになるとこんなにも素敵な演奏ができるといういい見本だったような気がする。マイクワークとかも良かったしね。「アスパラ」はこれで解散なのかな。なんかもったいないね。もっとたくさん聴きたかったなあ。

2017年1月 5日 (木)

2017年あけましておめでとうございます( ゚∀゚)ノ

ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

さて、今年の個人的な目標としては「歌のレベルアップ」ですかねえ。1曲でもいいから人前で歌えるようになりたいところ。もうちょっといえば一人で15分位のステージが出来るくらいのスキルが欲しいところ。なんというか日高の方でもブルーグラス活動したいなあなんて最近思ったりしてるので、その準備をしていこうかなあっていうところ。

ただ歌の練習って難しいよね。歌の上手い人に良い練習法を聞くと、自分の演奏を録音して聞き返すのがいいんじゃないとアドバイスをくれる。もちろん納得の練習法なんだけど、実際にやるとなるとこれが本当にツラい(´・ω・`) これまで何度もこういう練習をしてそのたびに自分の下手さに重たい気持ちになって挫折するということを繰り返してきたわけですよ(・へ・)。 まあでもこういうことをまたちょっとずつやっていこうかなあって思ってます。

もちろん「ひいらぎ弦楽団」も引き続き頑張っていきたい。今年は8月のブルーグラスの日が決まってるし、その他のフェスやライブもできるだけ出たいところ。ただ練習時間の確保がなかなか厳しいのよねえ。いろいろ考えていかなきゃ。

それから今年中になんとかということじゃないけど、長いスパンでの目標というか希望で、胆振日高あたりでジャムとかライブとかやれるようになったらいいなあっていうのがある。最近の旭川近辺の盛り上がりに刺激されたわけじゃないけど、日胆近辺でも少し盛り上がりが欲しいなあって。去年も少し動いてはみたけどあまり上手くいかなかったから、今年はもうちょっと踏み込んでみたい。ただ、具体的にどんな人材がいるのか把握できてないのが僕の残念なところ。まあ少しずつですよね。

ということで、今年もよろしくお願いします。第3回旭川フェスは9月9~10日の開催予定です!

2016年12月31日 (土)

2016年をふり返って

毎年毎年同じことを言っているが、今年もあっという間に年末だ。今年も自分のブルーグラス的一年をざっくりふり返ってみたい。


Img_3067_1024x684
今年は1月のマンドリン集会で始まった。マンドリン集会はマンドリン弾きやマンドリンに興味のある人がなんとなく集まってマンドリンの話をしたり楽器の弾き比べをするだけというとてもマニアックなイベントだが、参加者にとってはこれ以上至福の時間はなく、年の初めから楽しい時間を過ごさせてもらえた。できれば年に1回くらいはやっていきたいところ。

Img_3200_1024x684
2月はひいらぎで「せきのやまざき」と「ひいらぎ弦楽団」とのジョイントライブ。「せきのやまざき」の丁寧で重厚な演奏に感動しつつ、自分たちの演奏はいまいちでなんとなく落ち込んだのを覚えている。せっかく遠く大阪から友人が見に来てくれたのに申し訳なかった。アンコールのステージでフィドルを弾かせてもらったのだが、やはり練習不足だったなあ。とにかくいろいろ反省の多いステージだった。


その後家庭の事情や仕事の事情などもあり半年くらいブレイクがあった。


Img_3811_1024x683
7月に『石山フェス』に出演。久しぶりに夜に出演させてもらったが、うちのユニットはなんとなく朝のほうが調子が良いような気もする。心残りはサイズがなくてチョビコさんの手描きTシャツを買うことができなかったこと。来年は前もって注文しておこうかなあ。

Photo
8月は2年ぶりに『ブルーグラスの日』に出演。対バンの「Stambeat」の人気もあって多くのお客さんが来てくれたこともあり、こちらも大いに楽しめた。ただ準備時間があまりなかったこともあって演奏的にはイマイチで、やっぱり申し訳なかった。来年8月の出演が早くも決まってしまったので、次回はもうちょっとレベルを上げたい。

Img_3928_1024x684_2
それから、今年の札フェスが台風で中止になってしまったのは記憶に残る出来事だった。まあこういうこともあるよね。

Img_4007_1024x684
9月は第2回『旭川フェス』が無事開催。遠く内地からも多く来ていただき、去年以上の参加者となって嬉しい限り。2回目ということでいろいろと手際が良くなったことやなによりPAの充実などでイベントとしてのレベルもちょっと上がったんじゃないかと感じてる。しかしながら、これらのレベルアップに主催者の一人として自分はほとんど貢献できておらず、反省も多かった。結局楽しみにしていたステージ後のジャムはできず(気力的に)、フェス後の翌日はまるまる1日寝込むという状況で体力的にも辛かった。正直なところ、今後自分が主催者として関わっていって良いものかどうかいろいろ考えさせられる時間でもあった。

Img_4119_1024x684_2
10月はひいらぎで『Tiny Gig Festival vol.2』に参加。対バンの「あべかわ」や「The Horse-Bone Brothers」などの人気もあってか、たくさんの学生さんが来てくれたのが嬉しかった。このステージに対してはゆっくりと準備ができて練習もそれなりにできたので、今年の演奏の中では一番楽しく余裕を持ってできたかもしれない。こういう感じでいつもステージに立てるといいんだけど。

11月は久しぶりの『キャンドルナイト』に出演。対バンの皆さんが本当に素晴らしく、イベントとしては素敵なものになったんじゃないかと思う。1年半ぶりのハガくんとの共演もいい緊張の中でやらせてもらえた。ただ自分の演奏については直前に体調を崩して練習が十分にできず、そのせいもあって悪い仕上がりとなってしまった。今年はこのように練習不足でイマイチなステージになってしまうことが多くて、なんともモヤモヤすることが多かった気がする。



総括して、今年は遠距離に絡む不自由さというかそういうのをいろいろ感じた年だった。北海道の場合ある程度しょうがないんだけど、バンド練習にしてもフェスの主催にしてもライブを見に行くのにしても、もう少し距離的に近ければもっと頻繁にいろいろ出来るのに、というモヤモヤをひしひしと感じた年だった。若い時よりも体力や気力が確実に落ちているのが大きな原因かと思うのだが、年齢を考えれば自分に無理なく楽しんでいける方法みたいなものも少しずつ見つけていく必要があるのだろう。

そういう意味では、距離的に無理のない範囲で、具体的には胆振日高あたりでブルーグラスが楽しめるような状況を作れればいいなあと思ったりしてる。実は今年も少し動いてみたんだけど(キャサリン・プロジェクトと呼んでいた)、結果的には上手くまとめることができなかった。来年はC・Pは少しでも進められたらいいなあと思うし、バンド活動とまではいかなくても日胆近郊でジャムくらい出来るようになったいいなあとは思ったりしてる。

ということで、今年も一年いろいろとありがとうございました( ・∀・)ノ 来年もなにとぞよろしくお願いします!

2016年12月18日 (日)

酪農大ブルーグラス研 冬のコンサート2016

Img_0033_1024x685
先週末(12/17)、酪農学園大ブルーグラス研究会の冬のコンサートを観に江別の「ども」へ出かけてきた。

総じて見どころの多い良いコンサートだったと思う。出演した7バンド中5バンドに1年生がエントリーされていて、全体的に若さにあふれたステージだった。夏の新歓コンサートの頃にはまだトテトテだった1年生は、この数ヶ月でみんなぐっと成長していた。特にギターの2人は歌もギターもしっかりしていて、今後が本当に楽しみだ。酪農大としては珍しいシエラ・ハルの曲が聴けたのも新鮮で良かった。

トリは今の酪農大が誇るバンジョー弾きヤジマくん率いる「Slat & Fcrandel」がさすがの演奏でしっかりシメてくれていた。とても良かったので、近いうちにバンドでブルーグラスの日に出演してくれるようにお願いしてみた。前向きに検討してくれるといいな。


残念だったのはお客さんはちょっと少なかったこと。ここ最近は良いステージをしていると思うので、もっとたくさんのお客さんが来てくれてもいいと思うんだけどね(´・ω・`)

酪農大のコンサートの後はたいていそのまま会場に残って打ち上げとなる。ただ今回はお客さんが少なかったこともあって、結局打ち上げに残ったのが部員以外では社会人3人と北大の学生3人という状況だった。これはちょっと寂しいところだが、まあ部員にしてみればゆっくり打ち上げ出来るからいいのかもしれない。いやでもお客さんが少ないと演奏に対する評価みたいなのが偏って伝わっちゃうかもしれないから、やっぱりあんまり良くないかもしれない。

例えば、会場の某オーナーが酔っ払ってちょっと偉そうな感じでダメ出し話ばっかりしてたとしても、その人は昔っからそうだし、正直そんなにブルーグラスのことなんかわかってないし、いわゆる老害だと思ってあんまり気にしなくていいよ、みたいなことは言ってあげたい。もちろんその老害さんの意見が間違っているとか、逆に僕の意見が正しいとか、そういうことを言っているわけじゃない。人によって受け取り方や感じ方は違うから、いろんな角度から意見がもらえる状況の方が望ましいということを言いたいだけ。そのためにもお客さんは絶対に多い方がいい。見てくれる人が多ければ、自分たちが本当にやりたいことをやりたいようにやっていても、それをきちんと評価してくれる人が絶対出てくる。例えそれが老害さんたちの意には反するようなことであっても。そんな好ましい状況を作るためにも、お客さんはたくさん入れるように頑張ろう。せっかく良いステージをしているのだから。



さて、打ち上げでは部員の人とそれなりにお話しができた。折角のチャンスなので、僕は来年の旭川フェスへのお誘いをできるだけさせてもらった。実は酪農大の学生さんは去年今年とまだ一人しか旭川フェスに来てもらえていない。それなのに、今年始まった沖縄の琉球フェスには酪農大から14人も行ったという話を聞いて、旭川フェス主催者としてはいささか複雑な思いを持っていたのである。まあ琉球フェスについては酪農大OBのS君が開催に関わっていて、それで後輩にも参加のお誘いがあったというような事情を聞いたので、まあしょうがないという気もしなくもないけど(゚з゚) でも来年は旭川にも来てくれることを願ってる。ホントによろしくお願いします。

ついでに、内地のフェスにはもっともっと行ったほうがいいよというような話もした。箱根や宝塚みたいな大きなフェスはやっぱりそれなりに面白いし、「ずんだフェス」とか東北大の学生さんが中心となってやってていろんな大学からも参加するから学生同士の交流ができていいよみたいなことも話した(僕はずんだには行ったことないけど(^^ゞ)。今の部の中にはそういうのはなんとなく行かないもんだみたいな雰囲気があるみたいだから、そこらへんは少しずつ払拭していってくれたらいいなと思う。ブルーグラスはなんてったってフェスが一番楽しいのだから。

2016年12月 2日 (金)

2016年12月以降ブルーグラス関係イベント情報(札幌近郊)

---12月---

※例年12月初めに行われていた「小樽ブルーグラスサミット」は今年から中止となったそうです。

<ども歳忘れ興行>
【日時】12/3()~4() 両日13:00~21:00
【場所】ドラマシアターどもⅣ(江別市2条2丁目7-1) JR江別駅から徒歩5分
【出演】ブルーグラス関係で数バンド出演。詳細はこちら
【料金】大学生以上1日券¥1,300 / 2日券¥2,000 (当日券各200円増し)
【備考】音楽、踊り、演劇など多数のパフォーマーが江別駅前のドラマシアターどもⅣに集結します。

<2014酪農大ブルーグラス研究所 冬のコンサート>
【日時】12/17()  開場18:30 開演 19:00~
【場所】ドラマシアターどもⅣ(江別市2条2丁目7-1)JR江別駅から徒歩5分
【出演】酪農大ブルーグラス研究所から数バンド
【料金】\500(1ドリンク付) (打ち上げ参加は別途500円)
【備考】年末恒例の酪農大ブルーグラス研の冬のコンサート。今年も期待してるぞ!

<ブルーグラスの日>
【日時】12/18()  19:00~
【場所】札幌LOG(北14条西3丁目ゼウスビル地下)
【出演】ひばりリズムボーイズ、@(アラウンドエー)
【料金】¥1,500 (1ドリンク付)
【備考】毎月第2日曜日に行われるブルーグラスの生演奏「ブルーグラスの日」。この日は懐かしい昭和歌謡の雰囲気をブルーグラスのサウンドに乗せて届けてくれる「ひばりリズムボーイズ」と、まさかのバンド名でおじさんは読み方に困ってしまった北大の学生バンド「@」が出演。「@」はこれが解散ライブになるとのこと。

 
---1月---

<北大ブルーグラス研究会ニューイヤーコンサート>
【日時】1/14()  開場17:30 開演 18:00~
【場所】ターミナルプラザことにPATOS(地下鉄東西線琴似駅直結)
【出演】北大の若手バンドを中心に多数
【料金】¥200
【備考】定演に出なかったバンドや1年生バンドを中心に若々しい演奏を聴かせてくれる学生さんのコンサート。バンド数が多いため会の時間がちょっと長くなるのでご注意。


<ブルーグラスの日>
【日時】1/15()  19:00~
【場所】札幌LOG(北14条西3丁目ゼウスビル地下)
【出演】分かり次第お伝えします
【料金】¥1,500 (1ドリンク付)
【備考】毎月第2日曜日に行われるブルーグラスの生演奏「ブルーグラスの日」。

<Bluegrass Live at DOMO>
【日時】1/21()  開場18:30 開演 19:00~
【場所】ドラマシアターどもⅣ(江別市2条2丁目7-1)JR江別駅から徒歩5分
【出演】おせろ(酪農大OBOG)、route12(酪農大学生)、stambeat(北大OB&学生)、旭川キンペンズ(北大・酪農大OBOG) 他
【料金】一般 \1,500 学生 \1,000
【備考】(フライヤーより)『酪農大、北大の現役、OB、OGのブルーグラスを愛する者らが一同に介して心のままに音を奏でるライブである。ブルーグラスで世代を超え、今ここにひとつになる!この瞬間を聞きのがすなっ!』 個人的にはおせろのギター・ボーカルであるハナムラさんが久しぶりで楽しみ。 ※「ひいらぎ弦楽団」は残念ながら出演できなくなりました…。スミマセン。

2016年11月21日 (月)

定演の時間長すぎ問題についての一考察

以下はおっさんの戯言なので、適当に読み流してください。



最近の北大の定演で気になるのは、コンサートの時間が長すぎることだ。今回だって開演が6時で終わったのが9時半頃だった。僕はブルーグラス音楽が好きだが、いくら好きでも3時間半はやっぱり長すぎる。ましてやそれほど興味ないけど付き合いで来たようなお客さんには結構な苦行かもしれない。たとえそこで提供されている音楽がどんなに素晴らしいものだったとしても。

予定は3時間だったと思うが、個人的にはそれでも長い気がする。僕らの学生の頃は定演はなんとか2時間程度に納めようとしていた。そのくらいの時間が快適に見れるコンサートの時間として適切だとの判断である。まあ昔はバンド数も少なかったから3時間に渡るコンサートなんてできなかったということもあるけど。選曲も曲順もなるべくキーを変えないようにとかいろいろ考えたものだ。昔はチューナーがなかったからチューニング結構時間がかかったからね。

一方で最近は部員数も増え、定演出演だってオーディションで絞り込むくらいだから、コンサートの時間が膨らむのはしょうがないのかもしれない。・・・いや待てよ。バンド数は8バンドだから僕らの頃とそんなに変わらないし、曲数だって4曲くらいなら昔と変わらない(いや昔はもっと多かったかも)。じゃあなんでこんなに時間がかかるんだ?

まずはバンドの持ち時間の問題。ぶっちゃけ4曲しかないのに20分は長すぎだと思う。あくまで経験則だが、ブルーグラスの場合MCやらチューニングやら含めても1曲4分見当で考えてるとちょうどいいことが多い。4曲なら16分だ。だから定演の場合各バンド4分くらい無駄にしてることになる。そういえば冗長なMCもバンドによってはあるような気もする。

もう一つはバンドの入れ替えの問題。マイクセットがバンドによって違うのはわかるが、例えば1本マイクでやるバンドは出演順を続けるとか、工夫できる部分もあるはず。もう一つはプレーヤーの連続出演を避けること。今回も出演順が続いたため衣装替えに時間がとられちゃったみたいなことがあって、しょうがないにしてもコンサートの流れが悪くなったところがあった。

ちょっと時間がかかっても司会やMCが繋げばいいじゃんっていう考えもあるが、それは順序が逆な気がする。できるだけ余計な時間をかけない工夫とか考え方こそが必要なんだと思う。何がなんでも2時間以内に納めろよとは思わないけど、3時間よりは短く出来る方法はあるんじゃないのかなあ。



一方で、予定3時間のままでいくのであれば、もうちょっとバンド数を増やしてもいいと思う。

今回はオープニングアクト(OA)ということで開演前に定演本番には出演しないバンドから1曲披露されたが、あれは悪くないと思った。OAを行うバンドにコンサート前の注意とかブルーグラス音楽の簡単な説明などを行う役をもたせれば、OAの存在意義が出て来るし、司会や各バンドにブルーグラスの説明MCをさせる必要がなくなるので、その後のテンポアップにもつながるだろう。

あと1年生に他の先輩バンドと同じ時間をもたせるのはちょっと大変そうな気もする。一年生は1バンド3曲くらいにしてもいいんじゃないかな。その方が演奏の質は上がるし、会全体の流れも良くなると思う。

というか、全バンドに同じ時間を持たせる事自体必要ないのかもしれない。基本は4曲16分ということにして、たとえばトリのバンドには5曲20分を持たせるとか、3曲12分のバンドをもうちょっと増やすとか、柔軟に考えてもいいんじゃないかな。

部員が多くてバンドが多いのなら、できるだけ出演できるバンド数を増やすことも考えればいいと思う。「定演は8バンド」なんて別に決まっているわけじゃないし、そんなの現状に合わせていろいろ変えちゃえばいいんだ。

» 続きを読む

2016年11月20日 (日)

北大ブルーグラス研究会第42回定期演奏会

Img_4160_1024x683
先週末(11/19)北大ブルーグラス研究会の第42回定期演奏会に行ってきた。

毎年書いてることだが、ブル研都市伝説の一つに「定演の日には雪が降る」というのがある。ところがこの日はいわゆる小春日和の暖かくて気持ちのよい日。日高から札幌までのドライブも快適だった。今年は11月の初めから雪が積もったりする冬の早い年だったから、なんだか拍子抜した感もある。つまりこれは出演者の皆さんの日頃の行いの賜物なのだろう。

さて、そんなお天気の良さに誘われたのか、会場のコンカリーニョは大入り満員であった。出演した8バンドはどこも個性的でそれぞれに見どころがあり、大いに楽しめた。みんなとにかく歌が上手い。だからずーっと安心して聴けた。さすがに3時間超えは疲れたけど、総じていい演奏会だったなあと思う。1年生の初々しさもかわいらしかった。

気になったことといえば、みんな歌が上手すぎたことかなあ。リードもコーラスもバッチリ決まっていてそれだけで存在感たっぷりで聴き応えがあったんだけど、逆にそのボーカルの力量に頼りすぎているような気もした。それは良い悪いの話ではなく、あくまで好みの範疇なんだけど、ボーカル以外の部分でのブルーグラス的なダイナミクスは僕にはあまり感じられなかった。各楽器のソロワークが重厚なボーカルの添え物にしかなってなかったように感じた。一般的なポップスとかだとそういうアプローチでいいのかもしれないけど、ブルーグラスの場合はそれだとちょっと物足りない。「おっ今のソロすげーかっこいいなあ!!」っていうような部分もそれなりに欲しい。そういうのが少なかったのがちょっと残念だったかなあ。まあ些細な事なんだけど。

どのバンドも良かったけど、個人的には「Fat Lips」と「夢喰パグナス」が印象に残った。どちらもバンド感が良いっていうのか、このメンバーで演奏してるのがとにかく楽しいっていう感じが伝わってくる演奏だった。特にパグナスなんて正直最後の曲を聴きながらちょっと泣きそうになった。ずっと思い出に残る良いステージになったね(・∀・)

それにしても "I Can Go Back Anytime"って曲はいい曲だ。つい涙腺が緩んじゃう(つ∀-)

» 続きを読む

2016年11月 7日 (月)

2016年11月以降ブルーグラス関係イベント情報(札幌近郊

---11月---

<旭川市中央図書館 第18回図書館まつり>
【日時】11/3(木・祝)  17:00~17:50
【場所】旭川市中央図書館
【出演】旭川キンペンズ
【料金】無料
【備考】旭川ブルーグラスフェスにてデビューし大きな話題をさらった「旭川キンペンズ」が、旭川市中央図書館で行われる「第18回図書館まつり」の中の企画「エンディングコンサート」に出演。まつりは朝10時から始まっており、他にも面白いイベントが目白押し。お子さんと一緒に来ていただいたら、もっと楽しめるかと思います。文化の日はぜひ中央図書館へ!。

<苫小牧軽音楽ジョイントフェスティバル>
【日時】11/6()  14:00~
【場所】苫小牧市文化会館(苫小牧市旭町2丁目8番19号)
【出演】ART 他
【料金】¥300(昨年)
【備考】北海道ブルーグラスシーンで話題の高校生バンド「ART」が出演予定。出演時間等の詳細は分かり次第お知らせします。

<ブルーグラスの日>
【日時】11/13()  19:00~
【場所】札幌LOG(北14条西3丁目ゼウスビル地下)
【出演】分かり次第お伝えします
【料金】¥1,500 (1ドリンク付)
【備考】毎月第2日曜日に行われるブルーグラスの生演奏「ブルーグラスの日」。

<第42回北大ブルーグラス研究会定期演奏会>
【日時】11/19(   開場 17:30 開演 18;00
【場所】コンカリーニョ (札幌市西区八軒1条1丁目ザ・タワープレイス 1F(JR琴似駅直結))
【出演】〈前半〉①魁!!おしるこロール ②Fat Lips ③これにいも ④Sweet Amnesia
〈後半〉⑤ソラミミスケッチ ⑥Blue Scream Hermit Club Band ⑦Pintgrass ⑧夢喰パグナス
【料金】¥500(小学生以下無料)
【備考】今回で42回目を迎える北大ブル研の定演。サークル内オーディションにより選ばれた実力派数バンドが出演。詳細はこちらで。

<キャンドルナイト エコアコライブ:6 @ひいらぎ>
【日時】11/26()  開場 18:00 開演  19:00
【場所】珈琲・軽食ひいらぎ(中央区大通東3-1-27 富士ビル1F)
【出演】
◆たまみかずみ(アイルランド、フィンランド音楽) 今井真美:フィドル、よこたにかずみ:カンテレ
◆芳賀健太(ブルーグラス音楽):ギター・歌
◆山崎恵美(ブラジル音楽):ギター 
◆ひいらぎ弦楽団(ブルーグラス音楽) 城真一郎:マンドリン、みなかみまゆ子:ギター・歌
【料金】¥2,000 (ドリンク別)
【備考】ろうそくの灯りの中、アコースティックライブと世界の民族音楽にまつわるお話。司会・進行・解説 くろだとしひこ氏。予約優先20席。人気イベントにつきご予約はお早めに!無料駐車場も予約にてご用意できます。予約&お問い合わせ011-231-3939ミナカミまで。


---12月---

※例年12月初めに行われていた「小樽ブルーグラスサミット」は今年から中止となったそうです。

<ども歳忘れ興行>
【日時】12/3()~4() 両日13:00~21:00
【場所】ドラマシアターどもⅣ(江別市2条2丁目7-1) JR江別駅から徒歩5分
【出演】ブルーグラス関係で数バンド出演。詳細はこちら
【料金】大学生以上1日券¥1,300 / 2日券¥2,000 (当日券各200円増し)
【備考】音楽、踊り、演劇など多数のパフォーマーが江別駅前のドラマシアターどもⅣに集結します。

<ブルーグラスの日>
【日時】12/11()  19:00~
【場所】札幌LOG(北14条西3丁目ゼウスビル地下)
【出演】分かり次第お伝えします
【料金】¥1,500 (1ドリンク付)
【備考】毎月第2日曜日に行われるブルーグラスの生演奏「ブルーグラスの日」。

<2014酪農大ブルーグラス研究所 冬のコンサート>
【日時】12/17()  開場18:30 開演 19:00~
【場所】ドラマシアターどもⅣ(江別市2条2丁目7-1)JR江別駅から徒歩5分
【出演】酪農大ブルーグラス研究所から数バンド
【料金】\500(1ドリンク付) (打ち上げ参加は別途500円)
【備考】年末恒例の酪農大ブルーグラス研の冬のコンサート。今年も期待してるぞ!

2016年10月28日 (金)

Tiny Gig Festival vol.2

Tgf2_731x1024

日曜日(10/23)にいつもの『ひいらぎ』で開かれた「Tiny Gig Festival vol.2」に出演してきた。

この企画は、それほど広いとはいえない「ひいらぎ」の店内でも演奏しやすい少人数編成のユニットを集めてライブをやったら面白いんじゃない、みたいな感じでFB上で話が盛り上がって決まったものだったと思う。青写真が固まってきたのが今年の春頃の話。

どんなイベントでもそうだと思うが、それを企画してるときがたぶん一番楽しい。出演ユニットも順調に決まり、あっという間に1回目の開催となった。それが7月の始め。そのときは僕自身仕事が一番忙しい時期で、僕らのユニット「ひいらぎ弦楽団」は参加できなかった。ということで満を持して(?)今回の出演と相成った次第である。

共演してくれた「あべかわ」や「The Horse-Bone Brothers」などの人気もあって、たくさんのお客さんが来てくれた。特に今回は学生さんが多かったのが嬉しかった。いつの時代もいろんなシーンを動かして盛り上げていくのは若い人たちの力だと思ってる。そういうパワーを秘めた人たちがこうして足を運んでくれて少しずつ繋がりができていくことが本当にうれしいし、こういうイベントをやってよかったなと思う時間でもある。来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。

心地よい雰囲気の中での演奏だったからなのか、自分としてはとても楽しく演奏できた。きちんと弾きこなせてたわけじゃないけど、ここ最近のステージの中では一番演奏していて楽しかったんじゃないかなあ。夏のフェスなどと違って比較的ゆっくり準備ができたので、気持ちに余裕があったのかもしれない。こんなゆったりとした気持ちでいつも演奏できたらいいなと思う。

※馬頭琴ユニット「giingoo(ギーンゴー)」さんの動画は本人たちの希望でアップしてません。

2016年10月 2日 (日)

2016年10月以降ブルーグラス関係イベント情報(札幌近郊)

---10月---

<オールドタイムLIVE ~Joke on the Puppy Old Time String Band~>
【日時】10/1()  開場 18:00 開演 19:00
【場所】珈琲・軽食ひいらぎ(中央区大通東3-1-27 富士ビル1F)
【出演】Joke on the Puppy Old Time String Band
バスコ(フィドル・ヴォーカル)
 American National Heritage Awardの受賞者であり、アメリカの人間国宝でもあるトミー・ジャレル、メルヴィン・ワイン、伝承音楽一家ハモンズ・ファミリーなど、今はなきオールドタイマーを訪ね歩き、フィドルを習得。
井上一美(ギター・ヴォーカル・フラットフットダンス)
 ビリケン・ストリングバンドとして活動する側ら、1985年日本で最初のクロッグチームコーンクリーク・クロッカーズを結成。1986年にNYにわたり、1994年に本来の渡米の目的であるアパラチアンミュージック誕生の地に近づくべくノースキャロライナ州に移動。
井上健(バンジョー・ヴォーカル)
 1970年キャンプクリークボーイズの録音似出会い、ラウンドピークスタイルのバンド特にフレット・コッカラムのバンジョースタイルに魅了されバンジョーをひこうと快心する。一美とともにアメリカに移住後、地元の複数のバンドに在籍。Mt.Airyのバンジョー部門優勝など、個人バンドで数多くのコンテストに入賞。
ヘジャ(バンジョーウクレレ・ヴォーカル、フラットフットダンス)
 昭和歌謡バンド・バグンヘ、おもちゃ楽団、コーンクリーク、クロッカーズの結成メンバーでもある。
【料金】¥2,500+要1オーダー
【備考】 北アメリカ南東部アパラチア山脈の伝承音楽であり、ブルーグラスやカントリーのもとになった音楽、オールドタイムを奏でる日本では稀有なバンド。ノースキャロライナ州、ヴァージニア州などのコンテストで高い評価を受けている「Japanese Beetles」が「Joke On The Puppy Old Time String Band」と名を変え京都を拠点に活動を開始しました。アイルランド・スコットランドなどヨーロッパの国々からわたってきたフィドルとアメリカ大陸に起源を持つ5弦バンジョー、1920年代にアメリカでうまれた楽器、バンジョーウクレレ、そしておなじみのギターによる軽快なダンス・チューンと古くから伝わる歌をお送りします。

 無料駐車場もご用意できます。予約優先26席。予約&お問い合わせ011-231-3939ミナカミまで。

※彼らのライブはその他に
・Joke On The Puppy Oldtime stringband&小松崎健 10月4日(火)19:00~札幌・レストランのや(\2,500+オーダー)
・井上健&バスコ 10月5日(水)18:30~札幌・Jack in the Box(\1,000+オーダー)
でも行われます。

<ブルーグラスの日>
【日時】10/9()  19:00~
【場所】札幌LOG(北14条西3丁目ゼウスビル地下)
【出演】Wingrass
【料金】¥1,500 (1ドリンク付)
【備考】毎月第2日曜日に行われるブルーグラスの生演奏「ブルーグラスの日」。この日は北海道を代表するブルーグラスバンド「Wingrass」がたっぷり2ステージ!

<Tiny Gig Festival Vol.2>
【日時】10/23()  13:00~16:00
【場所】珈琲・軽食ひいらぎ(中央区大通東3-1-27 富士ビル1F)
【出演】
13:00~13:30 あべかわ (阿部芳樹:マンドリン、川口浩平:ギター)
13:40~14:10 ひいらぎ弦楽団 (城真一郎:マンドリン、みなかみまゆ子:ギター)
休憩
14:40~15:10 giingoo[ギーンゴー] (MAKI (馬頭琴、唄) 太田裕剛(馬頭琴) 石田祐二(per)サポート)
15:20~15:50 The Horse-Bone-Brothers (中原ナオヒコ:ギター、歌、金一健:マンドリン)
【料金】¥500+要1オーダー
【備考】日曜のひるさがり、当店、珈琲・軽食 ひいらぎがお届けする小編成バンド祭り!ブルーグラス、オリジナルフォークほか。たべながら、のみながら、楽しみましょう。詳細はこちら。無料駐車場もご用意できます。予約優先26席。予約&お問い合わせ011-231-3939ミナカミまで。


---11月---

<旭川市中央図書館 第18回図書館まつり>
【日時】11/3(木・祝)  17:00~17:50
【場所】旭川市中央図書館
【出演】旭川キンペンズ
【料金】無料
【備考】旭川ブルーグラスフェスにてデビューし大きな話題をさらった「旭川キンペンズ」が、旭川市中央図書館で行われる「第18回図書館まつり」の中の企画「エンディングコンサート」に出演。まつりは朝10時から始まっており、他にも面白いイベントが目白押し。お子さんと一緒に来ていただいたら、もっと楽しめるかと思います。文化の日はぜひ中央図書館へ!。

<苫小牧軽音楽ジョイントフェスティバル>
【日時】11/6()  14:00~
【場所】苫小牧市文化会館(苫小牧市旭町2丁目8番19号)
【出演】ART 他
【料金】¥300(昨年)
【備考】北海道ブルーグラスシーンで話題の高校生バンド「ART」が出演予定。出演時間等の詳細は分かり次第お知らせします。

<ブルーグラスの日>
【日時】11/13()  19:00~
【場所】札幌LOG(北14条西3丁目ゼウスビル地下)
【出演】分かり次第お伝えします
【料金】¥1,500 (1ドリンク付)
【備考】毎月第2日曜日に行われるブルーグラスの生演奏「ブルーグラスの日」。

<第42回北大ブルーグラス研究会定期演奏会>
【日時】11/19(   開場 17:30 開演 18;00
【場所】コンカリーニョ (札幌市西区八軒1条1丁目ザ・タワープレイス 1F(JR琴似駅直結))
【出演】未定(決定次第掲載します) 
【料金】¥500(小学生以下無料)
【備考】今回で記念の40回目を迎える北大ブル研の定演。サークル内オーディションにより選ばれた実力派数バンドが出演。

<キャンドルナイト エコアコライブ:6 @ひいらぎ>
【日時】11/26()  開場 18:00 開演  19:00
【場所】珈琲・軽食ひいらぎ(中央区大通東3-1-27 富士ビル1F)
【出演】
◆たまみかずみ(アイルランド、フィンランド音楽) 今井真美:フィドル、よこたにかずみ:カンテレ
◆芳賀健太(ブルーグラス音楽):ギター・歌
◆山崎恵美(ブラジル音楽):ギター 
◆ひいらぎ弦楽団(ブルーグラス音楽) 城真一郎:マンドリン、みなかみまゆ子:ギター・歌
【料金】¥2,000 (ドリンク別)
【備考】ろうそくの灯りの中、アコースティックライブと世界の民族音楽にまつわるお話。司会・進行・解説 くろだとしひこ氏。予約優先20席。人気イベントにつきご予約はお早めに!無料駐車場も予約にてご用意できます。予約&お問い合わせ011-231-3939ミナカミまで。

«旭川フェスの個人的反省点